にぎやかな生命保険
にぎやかな生命保険
ホーム > 注目 > 一社と契約する方がいいと考える人

一社と契約する方がいいと考える人

一軒家を売却した時に頻繁に起こるトラブルは、もう専任媒介の契約をしているのに、知り合いの中から買手をみつけるなどして、不動産業者への相談なしに売却の契約をするといったことです。

 

こういったようなケースですと、相手方の不動産業者に対して、仲介を依頼した物件の買手を探すための広告費、それに仲介手数料相当の違約金を納めなければいけません。

 

契約が一般媒介だったら、こういったケースでも、違約金を請求されることはないのです。

 

ただ、専任媒介契約と比べると、熱心に売ろうとはしてもらえないかもしれません。

 

一般の木造住宅の場合、耐用年数は税法上では20年から22年とされ、30年前後で取り壊されることが多いです。

 

このような客観的事実から、たとえば築30年を超える住宅を売りたいと思っても、建物は価格がつかないか、いって百万円未満と見積もられるケースが少なくないです。

 

もし売ることになっても、極端にいえば土地としての価格にしかならないと想定するのが妥当です。

 

「一般媒介契約」は、不動産物件の売買の際に、いくつもの仲介業者に仲介を頼むことです。

 

複数業者が取り扱うため、宣伝効果が高まることが期待できる上に、一般媒介契約をした仲介業者は、他の不動産業者がまだみつけないうちに買い手をみつけて、手数料をもらうために努力したりして、予想よりも早く不動産売却が完了できることもあるでしょう。

 

しかし、メリットばかりではなく、いくつもの業者と何回も連絡を取り合わないといけませんので、一社と契約する方がいいと考える人も少なくありません。

銀座カラー