にぎやかな生命保険
にぎやかな生命保険
ホーム > 注目 > 認可されないと個人再生は不可能

認可されないと個人再生は不可能

個人再生手続きをする方法ですが、これは弁護士に頼むのが一番スムーズです。

 

弁護士にお願いすることでほとんどの手続きをしてくれます。

 

その間に裁判所へ行ったり、債権者とのやり取りをすることもありますが、余計なことはほとんど弁護士にお願いすることができます。

 

債務整理には多少のデメリットも起こりえます。

 

利用してしまうとクレジットカードなどの全ての借金ができなくなります。

 

ですから、お金を借りられない状態となり、キャッシュのみで買い物をすることになってしまいます。

 

これは非常に大変なことです。

 

個人再生をしようとしても、認可されない場合が実在するのです。

 

個人再生をする場合には、返済計画案の提出が必要となりますが、裁判所でこれが通らないと認めてもえらないのです。

 

もちろんの事ですが、認可されないと、個人再生は不可能です。

家族にバレずに自己破産